すずのき、ふりそでコレクション「美しい時間」

すずのき、絹絵屋

総合TOP
きもの専門店 すずのき・絹絵屋
ふりそでコレクション

小物のお手入れ

小物のお手入れと汚れ防止のために
肌着類は脱いだら洗って

肌着や裾よけは、直接肌に触れるもの。着た後はすぐに洗濯しましょう。洗濯ネットに入れて洗濯機で洗っても大丈夫ですが、干すときにしっかりと全体をたたいて、シワを伸ばしてください。
着心地がよく洗濯しやすい木綿やキュプラなどがおすすめです。

足袋は隅々まできれいに

足袋も脱いだらすぐに洗いましょう。
できれば手洗いがおすすめですが、洗濯機を使うなら、ネットに入れて弱水流で洗います。底の縫い目などに汚れが目立つようなら、歯ブラシに洗剤をつけて、円を描くように洗います。
布目や縫い目にそってシワを伸ばし、全体をたたいて形を整えてから、足首の部分を洗濯ばさみでとめて干しましょう。

出かけるときはコートやショールをはおる

袖や帯など移動中、知らない間に何かに触れ汚れてしまうことがあります。
コートやショールなど季節に合ったものを羽織りましょう。
ショールなら、帯下まで隠れるような大きなものがおすすめです。

よく手を洗う

きものの準備や着付けの前、着ている間も、こまめに手を洗うようにしましょう。
汚れた手できものを触ってしまっては、せっかくのきものが台無しです。

小物のしまい方
帯のお手入れ

帯は解いてすぐ、体温が残っているうちに、たたくようにしてシワを伸ばします。
その後、きものと同じようにハンガーなどにかけて干し、湿気を、シミや汚れがないか確認し、たたんでたとう紙に包みタンスへ。

帯揚げはシワを伸ばして

帯揚げも、きものや長襦袢と同様に、ハンガーにかけてしばらく干し、湿気をとります。湿気がとれたら、四つ折にしてしまいます。もし目立つようなシワがついていた場合は、二つ折にした後、手でひっぱるようにシワを伸ばしながら巻いておきましょう。

帯締め

帯締めは解いた後、よれなどを直して伸ばし、四つ折にしてしまいます。和紙などで、房を巻いておくと、次回もきれいに使えます。もしも、房がボサボサになって見苦しくなっていたら、やかんに湯を沸かして、その蒸気をあて、よれた糸を櫛などで整えてください。

紐類は巻いておく

腰紐や伊達締め、帯板、帯枕も、使った後は、湿気を取り除いてからしまいましょう。
紐類は、二つ折にしてから、幅や形に合わせて五角形に巻くか、ゆるく巻いておくと、次に使うときに便利です。

長襦袢はたたんでしまう

長襦袢は、干して湿気が抜けたら半襟を外し、たたんでしまいます。
外した半襟は洗濯してしまいましょう。

草履は柔らかい布で拭いて

草履は脱いだら、底の湿気をとるために日陰に立てかけて干しておきます。裂地の草履は、柔らかい布で布目に沿って軽くたたくようにほこりを拭います。
皮やエナメルのものは、専用のクリーナーを用いてください。きれいに乾いたら風通しのよい場所にしまいます。

【▲上に戻る】